女性

うつ病を克服するには正しい知識を持って治療を行なうことが大切

治療の進め方

医者

体調やメンタル面の調子が好ましくない状態が続いている方は、セルフチェックを行なうことで、大まかな病状を把握することができます。セルフチェックは睡眠や食事に関する項目や、気持ちに関する項目から自己診断を行ないます。診断結果に応じて、医療機関への診断を検討すると良いでしょう。しかし、不調が続くようであれば、速やかに診断を受けましょう。
診察の結果、自分がうつ病だと発覚したら、早急にうつ病克服に向けた治療を行ないましょう。うつ病の克服には、長い期間がかかります。また、治療の効果には即効性があるわけではなく、症状の起伏を繰り返しながらゆっくり治療していくことで、うつ病の早期克服ができるでしょう。うつ病は一度回復しても、再発の可能性が非常に高い病気です。そのため、再発を防ぐための治療を継続的に行なう必要があります。うつ病の治療は3つ項目に分かれていて、まず最初は急性期の治療プランを進めます。
急性期はうつ病治療の開始日から3ヶ月までの期間のことをいいます。
急性期は、抗うつ剤を使った治療がメインになります。治療初期は抗うつ剤の副作用がでてしまうことが多く、少しづつ身体を慣らしていく必要があります。長期的に治療を行なうことで、徐々に治療の効果を実感することができます。精神的苦痛が和らぎ、少しづつ日常生活を送ることができるようになります。
その次のステップが回復期です。回復期は治療開始から4ヶ月から6ヶ月までの期間になり、1番体調が不安定になりやすい時期でもあります。回復期の注意点として、担当医から処方された薬は、指示通りに服用するということです。この時期になると、自分の判断で服用を止めてしまう人が増える傾向があります。投薬治療は専門医の指示を守らないと、症状を悪化させてしまう恐れがあるので注意が必要です。また、一時的な回復により、仕事や学業に復帰する人も沢山います。かつての生活リズムを取り戻すために、無理をしてしまう人が多く、うつ病を再発させてしまう場合もあります。
最終ステップとして回復期から2年ほどの再発予防期に突入します。
再発予防期では服薬を行ないながら医師の指導の下、減薬をしていきます。その頃には日常生活に戻っている方も沢山いますが、無理は禁物です。自分の症状をしっかり把握しておくことで、継続的な治療を行なうことが、うつ病を完全に克服するための大切なポイントになるのです。